母の相棒だった北海道犬

この白毛の北海道犬はユキ。女の子です。岩見沢系だそうです。
きなこちゃんが来る前の、我が家にいた最後の北海道犬なのだそうです。
これも30~40年は前のお話。
ユキは私の母の相棒でした。

我が家が昔飼っていた北海道犬は合計で7頭。
名前は、フジ(♂)、シノ(♀)、ナチ(♀)、マヤ(♀)、ユキ(♀)、第二ユキ(♀)、アキ(♀)。
最初にオスのフジを飼ったけど、オスはきかないから我が家では無理だということになったらしい。
その後はずーっと女の子。
この子達の血も、今の北海道犬たちのどこかにきっと入ってるんだろうか。
どの子が子どもを生んだかわからないけど、繁殖もちょっぴりしたらしいので。
展覧会にも参加して、たくさん賞をもらったんだとか。
これもどの子の話かわからないから今度聞こう。マヤ(♀)だったかな?
家にも展覧会でもらったメダルがたくさんあったそうです。昔はメダルがもらえたんだね!いいなぁ!
そのメダルが今どこにあるかは、頼む、聞かないでくれ(苦笑)
じーちゃんが墓場にもって行ったに違いない。

このときから牧十郎さんが色々お世話してくれたのだそうです。
まだまだ獣猟競技の熊が檻の外で繋がれていた時代のお話です。

ユキ(初代)を飼っているときに一緒にポメラニアンがいたらしい。名前はチャボ。(↑写真右)
写真を見ると、ポメラニアンにしてはデカイ(笑)
この写真は本当は母も一緒にいたらしい。
でも、ユキがお尻でおっつけて、母をフレームアウトさせたんだって(笑)
やるな、ユキ(笑)

ユキより前に飼っていた北海道犬は、祖父母以外は近寄れなかったらしい。
母が食べ終わったえさ箱を取りに犬舎へ行くと、近づくだけで唸り声をあげるほど。
逆にユキはすごく優しい性格の犬だったそうな。

母にとってユキは相棒で、一緒に犬舎で寝ようとしたり(笑)、外で一緒にユキのごはんを食べたり(ユキのごはんを作っていたのは母だったらしい)、こっそり家に入れてドッグフードをばらまいて食べさせたり(笑)、ちゃんちゃんこを着せてファッションショーをしたり(笑)、そしてそれを祖父母に見つかってしこたま怒られたり(笑)、でも懲りずに何度も雪とそんな風に遊んでいたらしい。
伯母の話によると、母はユキを川で泳がせたこともあったらしい(笑)
唸ったり噛みついたり、一切しなかったそうな。
祖父母にしこたま怒られたのは、「北海道犬を子どもがひとりで連れて歩く」っていうところを怒ったんだと思うと、伯母がこの間話していました(笑)
何かあったら大変だもんね。

今の家に引っ越してきた時に、ユキを手放すことになってしまった。
祖父母も昔は『北海道犬は外で飼うもの』という考えだったので。
今の家には庭がありません。外に犬小屋を置く場所もありません。
『家の中で飼ったらいいじゃないか』と母もお願いしたけど、頑固ジジイの祖父にお許しをもらえず、
ユキは牧さんに引き取られました。
でも、ユキは我が家が恋しくて毎日鳴いていたらしい。
それを母が知ったのはだいぶ大人になってから。
可哀想なことをしてしまった我が家にとっても苦い経験です。
外で飼えるなら外で飼った方がいいのかもしれないけど、北海道犬は家の中で飼えない犬じゃない。
じーちゃんも、天国から我が家を見てわかったことでしょう。
やっぱり、じーちゃん世代の人はみんな『外で飼え』って言う。
展覧会で、室内で飼ってると言ったら驚いた方たちも、じーちゃんよりはずっと若いけど、
『北海道犬は外で飼うもの!』世代の、むかーしから北海道犬が大好きなおっちゃんたち。
室内でも立派な北海道犬に育てられるってところを見せねばなっ(´∀`)♪
うちのきなこちゃんは、他人にたいしてのフレンドリーさはないけどね(笑)
ユキの柔らかさの半分くらいを受け継いでたら良かったね(笑)

ねぇ、浩さん。
我が家は今、家の中でアイヌ犬を飼ってるよ。ビックリでしょう?(´ω`)

母が語る思い出エピソード

ユキちゃん♀は、私の相棒のユキだよ♪
第二ユキ♀はユキちゃんの子供でね
ユキにそっくりな、真っ白の仔だったの♪
それでヒロ(祖父)が、これは我が家のものにしよう!
…と売らずに取っておいたら…大きくなるにつれて……薄茶色になっちゃった(笑)
マヤ♀が赤毛の最後の犬
綾ちゃん(祖母)もヒロもスゴい気に入っていた犬
展覧会でも何度も入賞していたよ!
でも、私やさっちゃんには「ウゥーっ!」と唸ってばかり!スッゲー怖かった!
ナチ♀とシノ♀のどちらかが、昔あったJR大谷地駅の近辺を散歩中に 汽車の汽笛に驚いて☆リードを振りほどいて、汽車を追い掛けて逃走!!
何日も見つからず、ヒロも諦めていたら…ある日、自分の小屋にいた!!泥んこまみれになって(笑)
偉いね~!一生懸命に帰ってきたんだよ♪

・・・だそうです(´ω`)

私ときなこちゃんも、母とユキのようになれるといいなぁ(´∀`)♪

最後までお読みいただき、ほんとうにありがとうございましたヽ(´▽`)ノ
良ければランキングの応援お願いします☆

  • にほんブログ村 犬ブログ 北海道犬へ

You may also like...

2 Responses

  1. 母上様 より:

    『ゆきと母の思い出』

    冬のある日のこと…
    車がビュンビュン走っている道路で、今でも売られている子供用のソリ…
    私はソリに乗って、ゆきのリードをがっちり握り
    「行け!ゆき!!誰よりも速く走れ〜!!!」
    「わかった!行くよ〜!」
    …道路で犬ぞりを楽しんだこともあった♪

    あの時も…喜んで父に報告したら…ガッツリ叱られたな〜♪

    ゆきが子犬を産んだ時も…
    よく親子共々、家の中に連れ込んでw楽しい時間を過ごしました♪

    ゆきは、永遠に…私の相棒です!

    • まいこ(きなこ主) より:

      母上様へ

      犬ぞりまでやったのか(笑)
      何やってんだ母(笑)
      そしてやっぱり怒られてるし。
      怒られてばっかりだね( b・`∀・´)♪
      いくちゃんがおこられることをすればするほど、
      ユキは楽しい体験できるみたいだしいいのかな(笑)
      名コンビだったんだね(・∀・)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。