ノーリード!ババァふたり負傷事件勃発!

なんだか穏やかではないこのタイトルは母がつけました(笑)
今週はじめの夜、いつもの公園で起きた出来事。
他人に迷惑をかけるような犬の飼い方をしてはいけない。
犬のしつけも大事だけど、その前に人間が人間社会のルール守れよって話。

仕事帰りのバスの中で母からメールがきた。
いつもの「何時に帰宅予定?」のメールかと思ったら、
なんだかえらくご立腹のご様子(゚Д゚;)

何 が 起 き た の か !

きなこを連れて公園に遊びにいくと先客がいたので、遠く離れてあまりボールは飛ばさずに遊んでいた。
するとその小型犬がキャンキャン吠えながらきなこに突進してきた。
きなこも相手の犬に気づき、相手が吠えてるもんだから吠え返して向かって行こうとした。
リードを持っていた伯母は構える間もなく引っ張られ、肩からリードをかけていたのでその衝撃が首にきたらしい。
痛がる伯母を見て今度は母が慌ててリードを踏んで止めようとしたら、足に絡まり、そのままリードは母の足を擦った。
これまた痛くて、けっこう大きな擦り傷の出来上がり。
小型犬の飼い主(若い男性)も大声で自分の犬を呼び戻し、犬は一度飼い主の元へ戻って行った。
母がきなこのリードをつかんで、きなこを呼んだ。
すぐに戻ってきたきなこのリードを手繰り寄せながらそれ以上行かないようにしていたところで、また小型犬がこっちに向かって突進してきた。
今度は飼い主は芝に座ったまま止める様子はなかったらしい。
きなこは再び向かってきた小型犬をじーっと見つめてはいたけど、小型犬に突進することはなかった。
小型犬はきなこのすぐ近くまで接近してきた。
ダメだ。危ない。帰ろう。
その日はそのまま、全く遊べないまま帰ってきたらしい。

・・・・・。
ちょっとそいつ(飼い主)連れてこい。シメる。
二度目の突進時の飼い主の態度が気に入らん。

け し か ら ん !

相手の人間はふたり。
犬はトイプーかダックス。暗いしちっちゃいし走ってたし慌ててたし、はっきり確認はできなかったって。
そして、ノーリード
たぶんダックスさんじゃないかと思う。
前にも公園で遊んでるところを、お構いなしにダックス二頭を連れて入ってきて、危ないのでうちの方が公園を出たことがある。
たぶんその人たちじゃないかと思う。
いつもの公園はよく犬も遊んでいて、でも先客がいるとそこが帰るまで待って、交代で芝で遊んでる。
今まで出会った犬と飼い主はだいたいそうしていた。
あとは、広い公園なので、離れたところで遊ぶとか。
犬が仲良し同士だと一緒にいたりするけど。
無駄に犬同士が接触することがないようにみんなやってた。

母は怒り爆発。
ヒヤリとさせられたし。
擦り傷痛いし。
伯母はわけもわからず首が痛くて仕方ない。
「あたし、犬の姿見てないんだよ」って言ってた。
本当に一瞬の出来事だったのね(゚ω゚;A)

犬同士の接触がなかったのは本当に良かった!
たぶんきなこは接触しても噛みつくことはなかったとは思うけど、あとは相手の犬の出方次第。
急接近してきた小型犬も威嚇して飛んできた感じではなかったらしい。
でも何があるかわからないからね!
スイッチが入った時に危ないのはダックスの方。
別に噛みつかれたいならこっちは構わないけど、でもきなこに他人や他犬を噛みつく経験はさせたくない。
あ、獣医さんには噛みついたけど、それはノーカウントでお願いします!笑
一度呼び戻したら押さえとくかリード繋げよ・・・。
二度目の突進の時、芝生に座って眺めてるだけとかどーゆー神経・・・。
なんか・・・ゾッとした。
自分の飼い犬が、よその犬に突っ込んでいって、その犬の飼い主は慌てて接触を防ごうとしているのに、ただ遠くで見てるだけ。
なんだろ。ホラーかな。

ノーリードは野放しにするってことじゃない。
中途半端な呼び戻ししかできないならノーリードには絶対してはいけないと思う。
他人には迷惑かかるし、犬が交通事故にあっても文句言えないよ。自己責任!
てゆーか、あの公園は「犬を放して遊ばないこと」と入り口の看板に書いてる。
ノーリード禁止ってことでしょう。
マナーは守れー!犬のしつけ以前の問題だろー!

最近、犬について書いてるブログやTwitterとかいろいろ見ていて、『イギリスではノーリードでもOKなのに、日本は禁止されている。日本は遅れてる』みたいな感じのことが書いてあるのを見つけた。
日本のペット事情はたしかに遅れてるのかもしれないけど、人間が人間の社会のルールやマナーも守れない内はノーリードもクソもないと思うのです。
それに、海外がノーリード・オフリードを認めているのはチビの頃から犬の訓練を義務づけられていたり、基本訓練が徹底されていて、飼い主がそれを実践しているからだって。
飼い主に対する教育もしっかりしていて、ルールやきまりを守って、愛犬が暮らしやすい環境作りを、飼い主自身が努力をしてる。
海外と日本のペット事情で何が一番違うかと言えば、犬よりも飼い主の質だってさ。
飼い主の質!(´・ω・`)
ドイツでは犬が飼える環境かどうか、稼ぎとか見られるとかって何かで見たよΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)
ここがドイツなら、我が家では犬を絶対飼えない。
そのくらい犬の環境作りを徹底している国。
そんな外国と比べたら、日本は遅れてるっていうレベルにすら達していないと思うぞ……。
だって犬の訓練をする義務はないもの。ルールやきまりをまもらない飼い主もいるもの。
家の環境が犬を飼えるかどうか見られたり、年収だって見られないもんね。
よその国と比べる前に、人間社会のマナー、犬の飼い主としてのマナーはしっかり守っとこう。
他人に怪我させたり、他犬に怪我させたり、自分の犬が事故で死んでからじゃ遅いと思うんよ。

なんだかグダグダ書いたけど、何が言いたいかって、
このバカ犬!!!!!・・・・・・ではなくて、
このバカ飼い主!!!!・・・・・・って思ったわけなのです(´_`)

とりあえず、負傷したおばちゃん二人(母&伯母)は、大事には至らなくて良かったです。
特に伯母。首グキッてなったので・・・(゚ω゚;A)何もなさそうだから大丈夫っぽいけど。
母はちょっとひどい擦り傷ですが、まぁ大丈夫でしょう。
(きなこ嬢が傷口気になるみたいでたまに鼻をピタッとくっつけてくるらしく、悲鳴をあげています。笑)
きなこさんとその小型犬もひとまず何事もなく済んでよかったです。

我が家も完璧な飼い主さんではありませぬ。
でも、他人様に迷惑がかからないように犬との生活を送りたいと思います。

「しっかりしろよ!」

御意、お嬢様(´Д`)ノ

最後までお読みいただき、ほんとうにありがとうございました!

北海道犬のネタってわけじゃないけどいいのかしら?(´゚ω゚`)
にほんブログ村 犬ブログ 北海道犬へ
でもよろしくお願いします。

↓良かったらこっちもお願いしまーす(´ω`人)

You may also like...

2 Responses

  1. 母上様 より:

    素敵なタイトルでしょ?
    (^.^)b

    本当に…頭にきましたぜ!(`へ´)
    次の日も、別のノーリードに遭遇しましたのよ
    (`ω´)
    ちっこいチワワちゃん
    突然、反対側の道に飛び出して(゚皿゚)車がビューン!…ですよ(;゚Д゚)
    びっくりしたけど、その直後にもっとびっくり!
    「こら!!〇※!車来てんだろ!!!」

    (`゜д゜´;)

    …女性の方でした…

    いや、いや…貴女…
    (◎-◎;)
    でも…私よりもご本人が私を見てビックリしてました
    ( ;゜Д゜)

    誰も居ないと思っていたのかい?(´ψψ`)

    様々な危険を想定し
    愛犬を管理することが
    飼い主の責任だと考えます(`ω´)

    足の擦り傷は回復に向かい…痒くなってきています。(;´∩`)

    • まいこ(きなこ主) より:

      母上様へ

      大胆なタイトルですね!

      公園のマナーは守らない、
      犬はしっかり呼び戻さないって、
      そういう飼い主さんがたくさんいるから、
      いろんな規制ができてゆくのよね(`ω´)

      しかし次の日のおばちゃんもすごいね(笑)
      そして後ろに人がいることに気付いてびっくりするって言うのがまた(笑)
      犬に対してその口調って、
      幼稚園児の子供相手に母親が「は?何言ってんのあんた。意味わかんないんだけど」って言ってるくらいの衝撃が(笑)

      我が家も気を付けていきませう(`・ω・´)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。