北海道犬と柴犬を二頭飼いしてだいたい半年経ったのでまとめてみる。

polyarchy-breeding-of-hokkaido-and-shiba

2012年12月3日に茶々が我が家にやってきて、北海道犬と柴犬の二頭飼いが始まり、あっという間に半年が経過しました。
二頭飼いが始まったばかりの頃は、「牝同士」「異犬種」「きなこの反応」を心配されていたっぽいですが、その後どうだったのかっつー話を書いていこうと思います。
最近、アクセス解析を見て見たら、「北海道犬と柴犬 多頭飼いは良いか」「柴犬と北海道犬の相性」というキーワードでこのブログにたどり着いた方がいるみたいなので、もしかしたら同じペアの二頭飼いを検討中の方がいるのかも?ということで、そんな誰かの参考になれば、と。
・・・参考になるのか?爆

※あくまでも、「我が家の場合」です。

我が家の二頭飼いはこれ!

北海道犬のきなこと柴犬の茶々を飼っています。
北海道犬のきなこが2011年12月24日に我が家にやってきて、
柴犬の茶々が2012年12月3日に我が家にやってきました。
二人の年齢差は、約10か月齢。
です(`・ω・´)

二頭目を迎え入れることになった経緯

きなこの愛しのブッティの飼い主さんであり柴犬の繁殖者である柴天じーたんに「一頭どう?」と言われたのがはじまりです。
いやぁー!さすがに!きなこだけでも大変だし!!ヽ(ヾ;´Д`)))
……というのが我が家の最初の気持ち。
でも、だんだん気持ちは前向きに(笑)
最初は茶々ではなく、野獣仲間のピーちゃんをおすすめされていたのですが、ピーちゃんは柴天じーたんの柴犬仲間さんがお迎えすることに。
試しに、姫ちゃん(茶々)はどうでしょうか?っていうのを聞いてみたら、OKだと!やったぁ!
仔犬の見学に行った時から姫ちゃん(茶々)ファンの我が家。
こうして茶々をお迎えすることになったのでした。

» 柴犬パピー祭

準備したもの

気合いと勢い。
あと、ケージや食器や毛布などワンコの生活用品いろいろ。

二頭目を迎え入れることに決めました。
繁殖者さんにも返事をしました。
ハイ、もう後戻りはできません。
ただちに準備に取り掛かりましょう。
そしてどちらも存分に可愛がりましょう!
あとは犬が来てみなきゃわからない!爆

北海道犬と柴犬の共同生活スタートの日

» 猛獣に野獣の子分ができました。

何と言っても最後まで心配だったのはきなこのことです。
ストレスのことや、相性のことなどいろいろギリギリまで考えました。
その他人間の都合の面もいろいろと考えました(笑)
で、もしもどーーしても相性が悪い時は、仕方がないので一頭ずつ順番にハウスから出して遊んで……という風にして日常生活を送るしかないね、という話はしていました。
ストレスにならないように、先住犬のきなこを尊重しつつ、茶々をほったらかしにならないように、バランスをうまく取って………なんて難しい!だいたいバランス良くって、どういうのがバランスがいいのかわからん!
頼むから相性が悪くはありませんように!!
茶々のことがなくても、きなこにはそれよりも少し前から、ハウスで過ごす時間を多く取り、ハウスで過ごす時間にも慣れるようにと訓練をしていました。
約一年、室内で完全にフリーで飼育していましたが、やっぱり完全フリーってあまり良くないってことがわかりました(爆)
完全フリーでも大丈夫な家もあると思います!がっ!狭い我が家ときなこの性格上、完全室内フリーというのはいろんな意味でたまに危険です(笑)
犬との距離が近いことが良いこともあり、悪いこともあるのですよね。

話がチョットそれました。

縄張り意識の強いきなこは、他人が家に入ってくると猛烈に吠えて威嚇します。
4か月くらいまでは平気だったんですけどね、大人になるにつれてダメになり、今では危険なので来客時は二階に避難です。
そういう犬が我が家にはいるわけで、「きなこが新しい犬を受け入れるかどうか」という以前の、「きなこが他の犬を家に入れても大丈夫かどうか」という心配事が、茶々が我が家に足を踏み入れる瞬間まであったのでした。
そんないちばん重要そうな問題を抱えたまま二頭目を迎え入れるなよって?
いーじゃん、茶々可愛いんだから(゚Д゚)

茶々は室蘭生まれ、母犬から離れたあとは、札幌市の我が家から徒歩5分圏内の柴天じーたんのおうちで、犬の群れのお勉強、人間社会のお勉強をして暮らしていました。
当日は、きなこを連れて、歩いて茶々を迎えに行き、歩いて一緒に帰ってきました(笑)
そして、ついに同じ部屋に北海道犬きなこと柴犬茶々が!
どうなる我が家!!!!

チョーあっさりでした。
もしもの時のために引き綱までつけたけど、襲いかかることは一切ありませんでした。
ただただ気になる。「あなた誰?どこから来たの?この家の子になるの?」ってな感じ。
我が家の第一関門はあっさり突破でした(*≧ω≦*)

ちなみに、きなこと茶々の本当に最初の出会いはこの日なのでした。
» かわいい柴女子
この日、隣同士で一緒に数時間過ごしていたのでした(・∀・)

先住犬の北海道犬の反応は?

» 猛獣野獣生活1日目~4日目

拒絶をすることはありませんでした。おかげで今も平和に(?)二頭飼いが出来ているので、これはきなこにも感謝感謝です。彼女の性格にだいぶ助けられていると思います。
「小さい子可愛いなぁ(´ω`)」という風に茶々がおチビの頃は見ていて、お母さんの真似事なのかちっちの世話をしたりもしていました。茶々は迷惑そうでしたが(爆)
意地悪なこともしなかったし、とても優しい先輩ワンコです。
「あたちが面倒見てあげなきゃ!」という使命感に駆られているような気がします。タブン。

予想通りだったのは、茶々を守りに入ること。
幸い、家族に対してはそういう態度はありませんでした。稀に伯母と祖母に対してちょいちょい反応することはあったけど。
他人に対しては茶々を守りに入ってチョー警戒モードに入る時がたまにありました。たまに……うーん、たまによりもちょっと頻度は高いかもです(爆)
きなこが怒ろうがなんだろうが、茶々には人慣れした子になって欲しいので、人とふれあうチャンスがあれば積極的にふれあうようにしました。
そういう時、茶々が他の人間になでなでされているのを見て、きなこは怒っていました(笑)
元々執着しやすい子なので、今でも誰かとご挨拶する時は、きなこは少し離します。
キャウキャウ文句を言う程度の時もあれば、ギャウギャウ激怒してる時もあります(爆)

では、後輩犬の柴犬の反応は?

こいつがなかなかの曲者でして。いや、どっちもどっちなんですけどね!爆
先住犬が後からきた仔犬を受け入れなかったらどうしようと思っていたらその心配はまったくなく、むしろ仔犬が先住犬に唸ったり吠えたりするっていう(爆)
外に出るときなこにくっついて行ったり、尻尾振ってきなこのところに行ったりするんだけど、家の中だとすーぐ唸る吠える。気分次第な感じ?
一番よろしくないのはこれです。↓

どこの恐喝現場かと。今思えば、きなこさんの顔もひきつってますね(爆)
» 緊張の瞬間!フリーで二頭を放してみた!
» 北海道犬きなこ& 柴犬茶々 ROUND2
» 北海道犬きなこ&柴犬茶々 ROUND3
» 北海道犬きなこ&柴犬茶々 ROUND4

体が倍以上デカイ犬のきなこにも突撃しては噛みつき振り回し……「メチャメチャ戦法」という名前を付けましたが、まーーーーーーあウザイ攻撃方法です(笑)
で、これがまたあまり笑いごとではなく、このような状況はとってもよろしくない状況なわけでして次へ進みます。

二頭の関係~初期:逆転した上下関係

cha_ds-18

これはドッグスクールでの様子(・ω・)ドッグスクールについてはまたのちほど。

ふたりの上下関係は一度逆転しました。
飼い始める時に、先住犬のきなこがどんな時も一番最初に という風に言われました。茶々は常に二番目 と。
そうやってやってはいたのですが、どうも順番とかそういうところではない部分でチョット失敗してしまいました(´・ω・`)
茶々は10か月も年上で先住犬であるきなこのことを自分と対等と見ていました。
そしてきなこも、茶々のそばで目をそらし、尻尾を下げるという(゚Д゚;)
一方の茶々は、背筋を伸ばし、尻尾は上向きで堂々としすぎ(爆)
いつの間にか逆転してしまった二頭の上下関係。原因はなんだったのか・・・
これまでのプロレスごっこの中で、きなこは茶々にだいぶ噛みつかれています。
まず、噛みつかせてはいけないということ(爆)
きなこはこの時、妹ができた長女の気持ちだったのだそうだ。痛いことをされても、相手は小さい子だから我慢する。可哀想なことをしてしまいました(´・ω・`)
まずは二頭の序列を作ってやること。茶々がきなこに噛みついたら叱る。それはイカン!と。
きなこができないなら、人間が上下関係を作ってやるしかない。
この日からきなこのボス修行が始まりました。
きなこの目の前で茶々はフセをする。相手は立っているのに、自分はフセをしている。動物にとってフセは意味のあるもの。これを続けると上下関係もわかってくるのだそうだ。
※……って書いてるからってくれぐれも勝手にやらないでくださいね!まず、フセができない(やらない)犬に素人が勝手にフセをやらせるのはちょっと危険でございます。(ドン引きするほど嫌がる可能性もあるので)(あと正しく「フセ」を理解しない可能性もあるので。「フセ」は芸じゃないからね!)

後輩犬の柴犬もドッグスクールへ

20120126-71

ドッグスクールへ通う。これは我が家にとっては絶対条件でした。
最初が肝心だということは、きなこの時で痛感している我が家です(笑)
» ドッグスクールはお早めに!
北海道犬と柴犬を室内飼育するには、ドッグスクールは必須だと判断しました。
柴犬だって日本犬。頑固なところはあるだろう…。
「野獣」と呼ばれていたからには、相当な根性を持っていることだろう…。
というわけでドッグスクールです。きなこの時もお世話になったマキドッグスクールです。警察犬訓練所です。
訓練士さんにすべてお任せ!あとは頼んだよ!……という学校ではないですが、最初の流れを作ってくれます。そして飼い主が家で反復練習です。繰り返し繰り返しやります。九九を覚えるのと同じです。

ちなみに、北海道犬よりも柴犬の方が、手ごわいみたいです(爆)

ドッグスクールやしつけ教室って言うと、「オスワリとかお手とかやるんですか?」って聞かれます。「オスワリ」はやります。でも、「お手」はただの芸なのでやりません(笑)

» マキドッグで北海道犬の同窓会♪
» 茶々さん、ドッグスクールに入学式しました。
» マキドッグ de クリスマスに参加したよ!
» 茶々さんのドッグスクール二日目
» 茶々さんのドッグスクール三日目
» 茶々さんのドッグスクール四日目
» 茶々さんのドッグスクール五日目
» 茶々さんのドッグスクール最終回

二頭の食事

食べ物が絡む時が一番危険そうだ………!(((( ;゚д゚)))……と思ったので。
最初は (1)きなこ(2)茶々 という順番でごはんを食べさせていました。
きなこごはん→きなこハウス→茶々出してごはん→茶々ハウス………
なんだか効率が悪い上に、茶々のごはん中にきなこがうるさい(爆)
で、今は (1)きなこフリーでごはん・茶々ハウスでごはん タイミングは同じ です。
微妙な差は一応あり、きなこの方が若干先にごはんをもらっている。
自分のごはんに夢中なので、きなこも茶々のごはんのところに行こうとはしない。
一度近づいて思いっきり怒られてたけど、さすがに食事中に勝手に近づいたらダメだって(゚Д゚;)

そんなわけで、一応ごはんもクリア。
二頭の食事のことよりも、ごはんを待ってる間の茶々の爆吠えがうるさすぎて困る(爆)

二頭のお散歩

258-04

基本的にこの並びでお散歩をしています。
先輩犬きなこが先頭を歩き、茶々がそれに続く感じです。

今年の4月に二頭引きに挑戦してみました。
» 喧嘩勃発!?獣たちを二頭引き!
基本的には一人一頭ずつ連れて散歩に行こうと思っています。(危ないから)
でも、二頭引きも出来るにこしたことはないよね!
ってことで、やってみた。

kinako_275-03

意外にあっさりとできましたヽ(´▽`)ノ
喧嘩もせずにお利口さんに歩いてくれます。
もしもの時もこれなら安心です♪

二頭の寝床

きなこは我が家に来た時から私の部屋にケージを置いてそこで夜は寝ています。
茶々は私の部屋にスペースがないので、母上の部屋にケージを置いて寝ています。
この間母上の部屋にきなこのケージを置いて3日ほどそこで私も一緒に寝泊まりしました。向かいの部屋なんですけどね(笑)
二頭が喧嘩をすることはありませんでした。というか、さほどお互いを気にしていないみたい(・ω・)

二頭は室内飼い。室内でのルールは?

ルールというルールはないんですけどね!爆
室内飼いですが、すべての部屋に好きなように行けるようにはしていません。
完全にフリーなのは居間だけ。
居間の隣の仏間はたまに侵入されますが(笑)、基本的に立ち入り禁止。
伯母の部屋はたまにドアが開いていると入って行ってしまいますが、立ち入り禁止。
私の部屋はきれいになったら(笑)、完全フリーではないけどちょっとフリーにしてあげようかな。
パソコンとかカメラとかあるからあまりはしゃがれても困るしね(´・ω・`)
母上の部屋は割とフリーです(`・ω・´)
伯母の部屋は人間同伴で、伯母を起こしに行く時、呼びに行く時に限りOK(笑)
こんな感じかな(・ω・)

20130527-04

室内でのドスコイ相撲に関して(`・ω・´)
せまーいお家ですが、一応、ドスコイ相撲はOKです。走り回るなら走るがいいさ(笑)
ソファとテーブルの隙間、ピアノ、炊飯器を置いているワゴン……君たち、よく、頭ぶつけないね!たまーに、ゴンッ!て聞こえるけど(笑)
そんなわけで、一応、居間でのドスコイ相撲は許可しております。
しかぁーし!
茶々がきなこにしつこく噛みつき始めた時は叱ります。
きなこが茶々にあまりにもしつこく追い詰めるようなことをした時は叱ります。
追いかけっこがエスカレートしてきたり、唸り声をあげてぶつかり合い始めたら、一度止めます。
フセさせて、一度クールダウンしていただきます。
ふぅっと一息つくと、また普通に遊び始めることができるので(´ω`)

二頭同時室内フリーに向けては、最初はリード付きで始めました。
» おうち de ドックカフェごっこ

二頭の関係~現在

こうだったふたりの距離が…

逆転したふたりの序列が…

20121224-56

こんなに遠かったツーショット写真が…

kinako_290-20130614

こうなって、

kinako289-04

こうなって、

kinacha011-25

こうなりました(´▽`)

20130527-07

ふたりとも、毎日笑顔で過ごしています(´ω`)
序列が逆転して、きなこ姉さんに対してなかなか偉そうな態度をとっていた茶々でしたが(笑)、今ではきなこ姉さんにけっこうべったり気味です。
散歩中、見知らぬ場所に来るときなこ姉さんの隣にぴったりと並びます。(私は歩きづらい笑)
きなこ姉さんの姿が見えなくなると、その場から動かず、元来た道をきなこ姉さんが来るまで見つめてジッと待つそうです。可愛いべ?
きなこ姉さんはたまに猛獣モードを発動して叱られることがあります。本気の猛獣モードはしばらく見ていませんが、プチ猛獣モードはたまぁぁぁぁぁぁに(爆)
そういう時、ひと段落ついた頃に茶々ははきなこ姉さんのそばに行きます。慰めてたり、何かフォローしてあげてたりするんだろうか?
ちなみに、きなこ姉さんは茶々が叱られていると一目散に逃げて遠くから観察しています(爆)
家の中ではいまだにきなこ姉さんに唸ったりすることがある茶々ですが(だいたいがきなこがしつこくて唸る。つまりどちらも根本的な部分はまったく変わってない。爆)、外に出るときなこ姉さんにかまってほしくて仕方ないみたいです。
ものすごーーーく仲良しというまではいかないかもしれませんが、相性は悪くはない。仲が悪くはない。
けっこう我が家が理想としていた二頭の関係には近づいていると思います!

最後に:北海道犬と柴犬の二頭飼いって結局どうなの?

polyarchy-breeding-of-hokkaido-and-shiba3

長々とだらだらと書いてきましたが、結局我が家は北海道犬と柴犬の二頭飼いをしてどうだったかっていうと、
良かったです(´▽`)b

どちらの犬種も違った面白さを持ってます(・∀・)
北海道犬と柴犬の二頭飼い、楽しいけれど、絶対にうまくいくという保証はできません(笑)
きっとそれはどの異犬種の多頭飼いでも同じですよね(・ω・)
ただ、きなこと茶々はまぁまぁいい感じです(*´艸`)

polyarchy-breeding-of-hokkaido-and-shiba2

「宣誓、ぼくたち、あたちたちは、同居犬らしく、正々堂々と、団結することを、誓いま…………誓います!

チョット一瞬間がありましたが、きっとこれからも団結してくれるでしょう(´ω`)♪

おまけ

茶々をお迎えに行く日までの間、一応多頭飼いをしている人のブログや、Q&Aサイトなどを見てみました。
その中で覚えていることが二つ。
・お留守番ができなかった先住犬が、新しい犬が来たことでお留守番ができるようになった。(ひとりじゃないから)
・先住犬がよく吠える犬だと、新しい犬も吠えていいものだと思って吠える犬になる。(マネするってこと?)
なるほどぅ。お留守番ができるようになるっていうのはいいねぇ。きなこは全然お留守番ができないから。

というわけで、茶々という仲間が増えて、きなこがお留守番ができる子になることを期待していたのですが……!
お留守番はいまだにできません(笑)
茶々がいようがいまいが、家族の姿が見えなくなるとキュンキュン鳴きます。

吠えについてはどうか?
ごはんの準備をしている間、きなこはけっこう吠えていた。吠えてるっていうか、キューンキューンってけっこう大きい声で鳴いていました。
茶々がこれをマネしてしまうかもしれないってことか……。二頭で大合唱か……。うーん……。って思っていたのですが……!
茶々があまりに「飯ー!飯ー!」ってやかましく吠えるからか、きなこが逆に静かに待てるようになりました(爆)

Q&Aサイト……きっと体験談も書いていたりするのだと思いますが、すべてをうのみにしてはいけませぬ。
犬にだって、個体差っつーものがあるのでね。
ということを学びました(笑)

最後までお読みいただきありがとうございます♪
良かったらランキングの応援クリックお願いします!

にほんブログ村 犬ブログ 北海道犬へ にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

You may also like...

7 Responses

  1. けんじろう より:

    上下関係って大切です。
    無いと相性が悪くなります。
    一緒に飼うのは難しいはず。
    人間の場合も同じです。
    わがまますぎるとめちゃめちゃになりますよね〜。

    礼儀が出来て、やっと二頭飼いのスタートだと思います。
    礼儀を習得するには、結構な時間を要しますが、出来ないと色んな犬とも仲良くできません。

    二頭飼いがスタートしましたが、上手いこといってますよ〜。
    きなこもちゃんと面倒見てますし、茶々もちゃんと言うことを聞いてます?
    茶々はきなこにべったりで、可愛いなと。

    途中で関係が逆転したのは、良かったのかもしれません。
    二人ともかなり成長してます。
    これからも、面白可愛い二人を応援してます。

  2. のあもこ より:

    初めまして。
    我が家も、去年末から他種和犬の多頭飼いです。
    先住犬の紀州犬♂(8才7ヶ月)と秋田犬♀(8ヶ月)で、他種他性です。
    相性バッチリで、毎日ハードなプロレスで遊んでいます。
    紀州犬は、アレルギーと消化器系に疾患があるので、シャンプーと食事療法と消化薬で良い状態です。
    秋田犬の方は、まだこれからアレルギー反応が出る月齢なので、出ないコトを祈る毎日です。

    また時々、お邪魔させて下さい。

    • まいこ(きなこ主) より:

      のあもこさん
      はじめまして!コメントありがとうございます。
      紀州犬と秋田犬の多頭飼いなのですね!
      秋田犬、8か月でも大きいですよね!
      前に4か月の秋田犬と出会いましたが、大きくて驚きました(●゚Д゚●)
      相性良い二頭なのですね(´ω`)
      紀州犬と秋田犬のプロレスも激しそうですね!
      アレルギーはできればない方が良いですよね(´・ω・`)
      きなこも、あまりに何度もカイカイが出るようならアレルギー検査しようかとも思っています。
      秋田犬ちゃん、アレルギーでないといいですね!!
      ブログはいつでも見に来てくださいませ(´▽`)ノありがとうございます♪

  3. ぴりかの母ちゃん より:

    うちは恐らく、親子飼いになると思うけど、犬格(人格的な)はそれぞれあるだろうから、どちらにしても序列をしっかりして行かなきゃですな!

    先ずはぴりか、次にお子(´-ω-`)

    親子でも多頭飼いには変わりない。

    ぴりかがきなこみたくいい先輩になってくれると良いな(๑´ㅂ`๑)♡*.+゜

    それと、これから先も茶々も益々きなこ姉さんが好きに成りますように!

    あと、きなこさんが茶々のサインに気付きますように(笑)

    • まいこ(きなこ主) より:

      ぴりかの母ちゃんさま

      親子の場合ってどうなんでしょうね~?(・ω・)
      人間の親子と同じで、自然と序列が出来てるのかなーなんて思ったりしたんですが、犬ってどうなんですかねー!
      生意気盛りとかもあるだろうし、そこで母犬が「教育的指導ぅー!」ってできていれば良いんですかねっ(・∀・)
      北海道犬と柴犬(に限らないんですが)、においが違うから、仲間ではないってわかるみたいです(゚Д゚)!
      きっと今は仲間(同居仲間?)って思ってくれていると思うんですが、においかー!なるほどー!!!って思いました。
      それでいくと、親子ならばっちり同じにおいですよね!
      どんな風になるんだろう?(・∀・)

      きなこ姉さんはある意味厳しい先輩なんですよっ!
      「今そんな気分じゃないよ」って茶々が言っても、「知らん!いいからかかってこい!」だし。
      「もうやめてよ!」って茶々が言っても、「聞こえなーい!」だし。
      KYという名のスパルタっぷりをよく発揮しています(笑)
      それでも、茶々にとっては、頼りになる姉ちゃんのようです(´ω`)※外では。

      ぴりかちゃんのお母さんっぷり、楽しみですね!ヽ(´ω`)ノ

  4. 長尾 明子 より:

    こんにちは、6才の柴犬メスと2才の柴犬メス、保護犬の同居生活が始まりましたが、初日から血を見るケンカでスタートとなりました。怖くて同じ部屋でフリーにできません。新米の子の方が強いです。食べ物絡みでなくても、目があうだけで、すれ違っただけでもケンカを始める感じです。ちなみに散歩の時はお互い無視?というか二頭びきで平和に散歩できます
    今後、上下関係は人間が決めてやるべきか、犬同士人間に任せるのか…悩んでいます。出来れば先住犬を上にしたいのですが。何かアドバイスいただければ嬉しいです。

    • まいこ@きな茶 より:

      柴女子コンビの二頭飼いなのですね!
      しかし初日から血を見る喧嘩とは、なかなか激しいおふたりですねΣ(゚ロ゚;)!
      我が家も室内で二頭飼いというのは初めてで、アドバイスというアドバイスができませんが、とりあえず、犬同士が慣れるまではフリーにはしませんでした。
      先住犬が先で、順番でハウスから出してフリーにしていました。
      今までひとりっこで自由だった先住犬にとっては、ちょっと不自由にさせてしまいましたが。。
      我が家は喧嘩をするとかではなかったのですが、けっこう慎重にやりました(;゚ω゚)
      先住犬が北海道犬で、すでに体の大きさが違ったので、万が一何かあったら柴犬の茶々の方が死ぬ!…と思っていたので(^_^;)
      でも、お散歩は初日から一緒に連れて行きました♪
      先住犬を先頭に、ちびが後ろからついていく感じで。

      何をするにもまずは先住犬を優先するというのは我が家もやってみました。
      時には後輩わんこを優先することもありましたが、基本的には先住犬→後輩わんこの順番でした。
      とはいえ、後輩わんこはまだ仔犬なのでもちろん可愛がりました!
      先住犬を優先しつつ後輩わんこもちゃんと可愛がる。
      人間はできてるつもりでも、犬にとってはどうだったか、若干謎です(^_^;)
      まぁ、たぶん、大丈夫だっただろう、と…(笑)

      少しずつ、最初は時間を決めて、フリーにして遊ばせるということをしました。
      大きい犬のほうに念のためリードをつけて、いつでも止められるように(笑)
      柴犬の方がなかなかきかんぼさんということもあって、我が家は一度先住犬と後輩わんこの序列が逆転しました。
      犬同士の上下関係は犬同士で決めるのが良いらしいですが、うちの先住犬は優しい子なのか、全然後輩わんこのことを怒ったりすることがなく、やられたらやられっぱなしの時とかあったので、我が家はちょいちょい人間が介入して、後輩わんこが無礼なことをした時は、ダメだぞそれは!と叱ったり止めたりしてました。
      たまーーーーに先住犬が唸ったりすると、やっぱりデカイ犬に怒られるのは怖いのか、生唾飲む感じになったりしていました(笑)

      フリーにしていても仲良く静かに過ごして欲しかったので、少しずつフリーにする練習をしました。
      先住犬にはちょっと可哀想でしたが、最初はリードをつけて二頭一緒に居間に出していました。
      手が届く距離だけど喧嘩はできない距離は保って。
      そうやってちょっとフリーにする準備を進めていたのですが、ある時からとてつもなくめんどくさくなりまして(爆)
      「大丈夫だろ、もう!」という飼い主のめんどくさがりにより、思い切って完全フリーにしてみました。
      考え過ぎない。思い切る。という作戦が割りと良かったのか、本当に大丈夫でした(笑)
      一緒にガウガウ遊んだり、お互い気にせずあちこちでゴロゴロしていたり、ふたりくっついて寝転んでいたり。

      完全にフリーとは言っても、人間が犬と遊んであげる時だったり、人間が犬を見ていられるとき、何かあっても犬を止られる人間がいる時に、二頭でフリーにしていました。ほったらかしはNGだと思っています。
      それ以外の時間は一頭ずつ出していたり、室内のハウスで寝ててもらったりです。
      なんだかんだで先住犬は優しくて、後輩わんこは先住犬が好きっぽくて、仲良くやってくれているので、犬に助けられています(´ω`)

      外では平気だけど中では・・・っていうのは、テリトリー的な問題なんですかね(´・ω・`)
      犬同士が仲良くするかどうかは、人間には決められないらしいです。それは犬が決めること と、今お世話になっている訓練士さんに教えて頂きました。(北栃木愛犬救命訓練所 http://avdj.sakura.ne.jp/)
      なので、長尾さんちの柴女子たちが本当に仲が悪いのかどうかはわからないですが、もし仲が悪い同士だったりしたとしても、仲良くしなさい!と言って犬が仲良くするようになるということはないのだと思います・・・。
      ただ、無駄に争わないように過ごすことはできると思います!人の指示に従えるようになれば、喧嘩しそうになった時に長尾さんの声掛けでやめることができるようになると思います。
      でも、仲良くなってくれるかもしれないですよね!(´▽`)
      きっとそこは、まだまだこれからなのかなーって勝手に思っています。
      我が家の二頭も、ずーーーーっと仲良しっていうこともないんです。
      たまーーーに、特に柴犬のほうが、北海道犬のことを警戒したり、喧嘩をしかけようとしたりする瞬間があります。
      我が家は、怪しいと思ったらもう雷を落とすようにしています(笑)

      長尾さんも、少しずつフリーにしていくっていうのはどうでしょうか?
      最初は順番にフリーにして、慣れてきた頃にリードをつけてお部屋に一緒に出して・・・
      全く同じことをする必要はないと思います。
      飼い方とかいろんな事情が違うと思うので。
      でも、いきなりフリーよりは、少しずつ慣らしていった方が良いと思いました!
      2歳と6歳、どちらも大人で、しかも女同士なので。
      おもいっきりやりあってしまうと、仲良くできなくなると聞いたこともあるので、今日は危ないかもって時は犬同士の距離をとってあげるとか。
      我が家の犬達も、普段仲良しでもやっぱりそういう危なそうな時はあるので、そんな時は散歩以外は一緒にしなかったりします。
      特に私はビビリなので、今日は無理だなって思ったら絶対近づけさせません(笑)
      犬同士に嫌な印象持たせたくないのもあるし、自分が怪我したくないのもあるし(爆)

      柴犬さんも怒ると怖いので、飼い主さんも焦ったり無理はせず、怪我のないようにしてください。。(´・ω・`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。