訓練してきたからこそ。

hikoken-kinacha-10

飛行犬写真を撮って、きなこも茶々もきれいに飛んだ写真が撮れたことも嬉しいのですが、嬉しい楽しいはそれだけじゃないのです(´ω`)

呼べば 戻ってくる ということ。

3Q6D7576

3Q6D7805

満面の笑みで一直線に自分に向かって走ってきてくれるっていうのがたまらんです(*≧ω≦*)
ちゃんと戻ってきてくれるかなぁ?とか、
カメラマンに突撃したらどうしよう…とか、
撮影が始まるまでドキドキした飼い主さんは、うちだけじゃないはず!
いざ、撮影が始まって、名前を呼んだら、こんなニコニコ顔でバビューン!と自分に向かって走ってくる愛犬たち。
おまえらなんて可愛いんだ(*≧ω≦*)

このニッコニコの笑顔が偽物だなんて、私にはそんな風に見えないね(´ω`)
何を突然って話だ(爆)

たまに、犬のしつけに関してのツイートを見たり、そういう方面のプロ?の方の記事が流れてきたり、
そこからいろいろさらに読んでみたりするのだが……
特に服従訓練っつーものに関して。

  • 服従訓練は強制的に命令に従わせるもの
  • 服従訓練をしている犬は笑わない・目が輝いてない・目が死んでいる
  • 服従訓練は犬を無気力にする・犬の心を壊す
  • 服従訓練はチョークチェーンで首を絞める
  • 服従訓練は犬を奴隷扱いする

ど う し て そ う な っ た !
ぶったまげるようなことを言っている方もけっこういらっしゃる_(:3」∠)_
他にも、わざと失敗させて叱るとか、とにかく虐待的なことを言う方がね、多いのね_(:3」∠)_

どんだけろくでもないものだと思われているんだろうか。
それだけ、ろくでもない訓練士も多いのでしょうな…。
訓練士だけのせいでもない気がするけれどもね…。

そういう方たちの言い分でいくと、
私はきなこと茶々を強制的に命令に従わせて、
わざとに失敗させて叱りつけて、奴隷扱いで虐待しまくって、
二頭の心をぶっ壊している

ということかい?

失礼なこと言ってくれちゃうね!
いや、誰にも何も言われてないけどね…。

kinako298-02

我が家のニコニコわんこたちは、いわゆる服従訓練を受けています。
服従訓練っていう名前がついているわけではないけれども、犬が元々持っている服従心を引き出す訓練……なのだと思う。
犬の本能や習性に沿った訓練でござる。
とは言っても、イチイチ服従とかなんとか意識してないけどね。
「おまえは黙って私に服従していればいい!」みたいなね。んなこと常に思って生活してませぬ。
わんわん可愛いなぁっていつも思って生活しております。
服従訓練してる人は、常に上から目線だとか思わないことよ(`・ω・´)
だいたいデレデレしてますから!爆
強制的なことも一切してない。強制的にやらせても意味がないと訓練士さんが言ってるくらいだもの。
ちなみに、暴力だってもちろんありませんよ。
むしろ我が家は最初きなこがいけないことをしたら叩いてました。
・・・で、「叩いたらダメだって!」って、訓練士さんに叱られました(爆)
乱暴なことはしてないのだよ。

「強制していることに気づいてない」だの、感覚がおかしくなってる的な流れになるのでしょう、きっと。
好きに思ったらいいんだと思う(爆)

そんなわけで、服従訓練を受けた我が家の二頭・・・。

dogschool-summer-fes2013-35

笑顔がないかね?

dogschool-summer-fes2013-36

目が輝いていないかね?

20130527-07

目が死んでいるかね?

私はこれからも訓練を続けるよ。たまにサボるけどね(爆)←オイ
コミュニケーションが取れるようになるのだよ。
目を見て、声を聞いて、一緒に楽しむことができる、できることが増えていく。

20120915-02

もちろん、訓練しなくてもできるワンコはいっぱいいるよ!
ご近所にいるもの。特に訓練してないけど、飼い主さんと一緒に何かしたくてうずうずしてるわんこ(´ω`)
持って生まれたもの、っていう子もいるよね、きっと。
あとは、飼い主さんの接し方が上手だったりするのかな?
服従訓練は絶対にやらなきゃいけないってものでもないと思うし。
ただ、ほら、人の言うことに耳を傾けようとしない犬たちもいるわけじゃん(笑)
わがまま部門全犬優勝のきなこも、最初は全然こちらの声に耳を傾けなかったよ。
呼んだって戻ってこなかった。

20120121-15

いけないことをして叱れば余計に向かってくる。だからレッツゴードッグスクールだったわけで(笑)
もちろん、犬だけが悪いと言うわけではない。元々気の強い頑固な犬もいるとは思うけど、人間が正しく犬と接することが出来ていなかったから、困ったちゃんな芽を育ててしまったのだと思う。我が家はそれだと思う。でへ。

20130105-25

茶々なんて、最初はすごく聞き分けが良い子だなーと思ったら、うまくやり過ごしているだけだったからね!爆
上の写真は、呼び戻しの時の写真。
ちゃんと戻ってきているようで、ただこの場所に行けばいいと思っているだけ(笑)誰が呼ぼうが茶々にとっては関係なかった(爆)
今じゃ、呼べば嬉しそうにすっ飛んできます(´ω`)

訓練を通して、人間は犬を学び、きなこも茶々も、こちらの声に耳を傾けるようになった。
人間も犬もたくさん学んで、人間は犬の扱いが前よりも上手になり(笑)、犬たちは前よりもずっと良い子ちゃんになった。
まだまだ問題ありな部分はあるけど、人間も犬も共に(爆)

うちみたいに、愛犬が困ったちゃんでドッグスクールに通った人もたくさんいると思う。
そういう困ったちゃんたちが、飼い主さんの目を見て声を聞いて、笑顔で一緒に何かをできるようになる。
ステキなことじゃないか!(●゚◇゚●)

20120826-59

訓練をしてきたからこそ だと思うのだ。私はそう思ってる。
困ったちゃんのままだったら、きっと今みたいにはできなかったと思う。
一緒に楽しむことは、無理矢理強制的にやってできることじゃないと、わたしゃー思うね!ヽ(*`ω´*)ノ
無理矢理に強制的な訓練を施された犬たちだったら、グループレッスンやイベントでのゲームは成り立ってなかったかもしれない。
飛行犬撮影だって、どこに向かって走っていったかわからないと思う。

ドッグトレーニングってやつを発信してる人は、正しい情報を流しておくれ。
服従訓練をしない派だからって、イチイチ批判したりせずに(`・ω・´)

※ちなみに、服従訓練は困ったちゃんにだけする訓練ではないです(`・ω・´)

次のドッグスクールのイベントでも、きっとまたニコニコ顔でいっぱいになると思う。
一生懸命訓練してきたわんこと飼い主さんたちだもの(´ω`)

上の写真は、去年の夏の会のあとの北海道犬女子会の模様。
» ワンコたちの夏のミニ運動会!(1)
» ワンコたちの夏のミニ運動会!(2)
» ワンコたちの夏のミニ運動会!(3)

去年の方がきなこの毛がスッポンポンだ。
やっぱり去年より一か月換毛がズレてるんだなぁ。

最後までお読みいただきありがとうございます♪
良かったらランキングの応援クリックお願いします!

にほんブログ村 犬ブログ 北海道犬へ にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

You may also like...

9 Responses

  1. 柴天 より:

    服従ではなく、どれだけコミュニケーションを取れるか!?
    悪いことををしたら叱る!
    誉めるときは、目一杯誉める!
    抱きしめる!
    人間の子育てと変わるところがありません。
    一度、経験しているから茶々のほうが上手くいっている。
    逆だったら、きなこ良い子だよ~(*^o^*)
    その代わり、茶々が野獣のままかも…(笑)

  2. aki より:

    グッとくる記事だね。

    どんな訓練もワンちゃんと飼主さんとの “コミュニケーションツール” ですよ。
    私はそう思っています。
    たくさん出来た子は飼主さんの“本当の”笑顔が見れることが幸せなのだよ。

    間違った訓練は
    例えば競技会に勝つことを “他人に自慢するための道具”にすることだよ。
    そういう人の犬の目は死んだような目になっているかもしれない。
    愛玩犬として飼っている人は、ここのところを言うんじゃないかな?

    犬の素質もあるけれど、その犬の特質をしっかり見極めて、しっかりとこれからもコミュニケーションを続けていきたいね。
    これからも自分の犬を愛し続けましょう。
    私たちは そう考えてくれる犬の飼主さんをこれからもしっかりサポートして行ける仕事をしていけるようにがんばります。
    これからもよろしくね。

  3. 風小僧 より:

    叱るっちゅーのは、ものすご〜〜〜く労力が居るんだな。
    いいこちゃんでちゅねー してるのとは違うんだな。
    叱るって言うのは、とても難しいことなんだな。
    タイミング、方法、難しいんだな。誉めるのとは難易度が違うんだな。

    ひとつ言えることは、上手に飼えている人だって、過去の失敗と反省の上にそれを経験として上手に飼ってる人も居るんだな。
    楽はしてない。ただ工夫は出来るだけの経験は身に付いてる。

    今、情報が溢れてるけど、正直 あ〜あ… なものも沢山。
    ブログ記事書いてる人、自分に酔ってるなら仕方ないけど、全部赤裸々に書いてますか?(笑)
    包んでるオブラート厚すぎませんか?(笑)

    叱らないで成功する事例はあるだろうし、それが出来たら素晴らしいことだし、別に否定はしないけど。
    それ、書いてる人達、自分以外の犬(飼い主)が例え失敗しても、うちの子は…御宅の子は…飼い主が悪い…で逃げられるから便利だよね。
    だって、その記事、単なる一例題であって責任無いもん。よく読んでみな、推奨記事でないから。
    汚い言い方すればナルシズムだわ(笑)

    叱り方が上手く行かずに、何度も何日もガミガミとヒステリックに続けりゃ、そりゃ目は死にますし犬も屈折しますわな。
    でも、誉め続けて失敗したときのリスクもそれとなにも変わらない。ここ重要ね。失敗は失敗なんだ。自己責任の。
    申し訳ないけども、叱ることを毛嫌いして失敗するひとの大半は、誉めて失敗したんじゃなくて楽して失敗した人。
    可愛い仔犬を叱るに忍びないから、なにか別の方法が有るだろうとネット検索、誉めて育てる・目が輝く・飼い主との信頼。
    心地いいね〜、この響き。
    そういう人達は答を探してるんじゃなくて、自分の求めてる答があるサイトを探してる。

    ま、北海道犬(中型日本犬全部か)の場合、失敗したら「熊にも向かう勇敢な猟犬」の熊さん役は飼い主、「忠誠心に厚く一代一主」の主は御犬様、「粘り強く頑固」なその犬を矯正するに必要なのは飼い主の多大な労力。
    素晴らしいよね。

    楽して育てられませんから!!

    色んな意味で便利な世の中になったな〜
    目の前の魔法の箱使えば労せずして情報得られるんだから。
    これから仔犬を産ませたあと、そういう意味でもいろいろ苦労するんだろうな…

  4. けんじろう より:

    信頼関係は、訓練やしつけによって生まれるものです。
    他の事に集中していても、呼べば戻ってきてくれる。
    しかも満面の笑みで。一直線に。
    可愛すぎるでしょ?(*≧ω≦*)
    このニッコニコの笑顔は、本物です。偽物なんかじゃありません。

    色々おっしゃる方おられるんですね。恐ろしいです。
    叱る時に叱る。誉める時に誉める。
    これが出来ないと、ワンコは言う事聞きませんよ。
    お互いが嫌にならなかったら、それで良いんじゃないでしょうか。
    言う事聞いて、笑顔ならばそれで良し。
    育て方はそれぞれです。

    コミュニケーションは、一生忘れちゃいけませんね。
    最初から出来なくても、少しずつ教えてあげれば出来るようになります。
    当たり前の事が、意外と出来ません。
    お互いが笑顔で居ようじゃないか!

    この記事を読んで、きなこと茶々ってちゃんとしてるなーと思います。
    良い子ちゃんです!

  5. まいこ@きな茶 より:

    >柴天じーたん

    もちろん!我が家もコミュニケーションを大切にしています(´ω`)
    訓練は、犬を「犬」として接することがヘタクソだった我が家にとって、
    コミュニケーションをもっと上手くとれるようになるためにひとつのツールです♪

    人も犬も、育てることの基本って同じ。
    同感です(`・ω・´)

    茶々の野獣は想像しただけで怖いですね(笑)
    まだ見たことがありませんが……。
    ちなみにきなこの猛獣モードもマジで怖いです(爆)
    迫力満点ですね、あれは。
    他人にガウガウしてるのなんて可愛いもんです(笑)
    きっと、1歳前後に犬にも色々あるんでしょうね!思春期の色々が。
    今はすっかり落ち着いてます♪
    きなこは良い子ですよ♪素直で聞き分けの良い子です。
    そして茶々も良い子です♪
    で、どちらも頑固者です(笑)

    これからも猛獣野獣との生活を楽しみまっす(´∀`)

  6. まいこ@きな茶 より:

    akiさん

    ありがとうございますm(_ _)m
    なんかもう、何ぶっとんだこと言うとるがな!って思って書いてしまいました(爆)

    訓練はコミュニケーションツールだと私も思います。
    訓練のおかげで、犬を知ることができたし、きなこもこちらの声に耳を傾けるようになりました。
    犬との会話(っていうんですかね)が出来るようになりました(´ω`)
    だから、二頭目の茶々もドッグスクールに通わせることは、我が家にとっては絶対条件でした(`・ω・´)
    こちらが喜ぶと、きなこと茶々も嬉しそうにしています(´ω`)
    そんな様子を見ると、さらに私も嬉しくなります(´ω`)

    競技会に勝つことを他人に自慢するための道具……
    なるほど……
    勝って当然、できて当たり前、みたいな態度を犬に向けたら、そりゃ犬も死んだような目になりますね(´・ω・`)

    そういう風に訓練を使っている人だけじゃないのにな って思うんですよね。
    一部のそういう間違った訓練をしている人がいるから、服従訓練がひとまとめに「悪」だ「虐待」だ「奴隷扱い」だって騒がれるんですねー。

    1歳前にきなこの思春期の壁にぶち当たった我が家は、
    もうすぐ1歳の茶々の思春期の壁にぶち当たるかどうかちょっとガクブル中です(笑)
    大丈夫そうですが(・∀・)
    万が一思春期の壁にぶち当たった時は、またよろしくお願いします(`・ω・´)

  7. まいこ@きな茶 より:

    風小僧さん

    叱るのも大事。褒めるのも大事。
    叱るのって難しい……私も思います(´・ω・`)
    なんたって最初はいけないことをして叱ったら余計向かってこられましたので(爆)
    今は訓練のおかげか、褒めることも叱ることも、理解してくれるようになりましたが……。
    わたしは訓練せずともちゃんと犬に伝えることが出来る人がすごい!って思います。
    タイミングとか方法とか、本当に難しいって思いました。
    確かに、上手に飼えてる人って、最初からずっと大成功してるわけじゃないですよね。
    失敗もたくさん経験してるんだ。
    楽しい♪楽ちん♪だけでやってきてるんじゃないですよね(´・ω・`)
    ネット上にあふれてる犬のしつけ関連の情報は、本当に あちゃー(´゚ω゚`) なものもたくさんありますよね。
    酔ってるっぽい方もけっこういる……ように感じます(笑)
    なぜかドッグトレーナーになりきってるっぽい方も……いる気がします(爆)
    宗教っぽいのも………以下同文(爆)

    叱らないことを否定は私もしないです(`・ω・´)
    それはそれで良いと思います。
    でもいつか、叱らないだけじゃ通らないことも出てくるんじゃないかと思いますけれども……そういう時どうすんだろって興味はある。

    叱るしつけとか、褒めるしつけとか、とにかく「○○式」だ、「○○流」だと名前つけたりするから、変な方向に向かったりするんじゃないかと思いますた。
    根っこの部分って、和式も洋式も(トイレか!)ないと思うんですよねぇ。。。(´・ω・`)

    単なる一例題を、推奨記事みたいにされると、なんだかなーって。
    その方法に当てはまらない残り数パーセントの犬のことを無視してないかい?って思ったり。
    叱らないしつけを唱えてる方に多い気がします。

    叱るから犬との関係が悪くなるとか、叱るから攻撃的になるとか、それってどーなん みたいな。
    叱るから攻撃的になるって、それってうちに来た頃のきなこじゃないか(笑)っていう。
    まったく伝わってないじゃん っていう。その失敗を「叱ったから」って、それのせいにするのはどうなんじゃろかと思いますね。
    別に、ガンガン叱ろうぜ!って思ってるわけじゃないけど、あまりに叱ることにたいして毛嫌いしすぎな気がしますね(; ・`ω・´)
    本格的に虐待チックな方法とかじゃない限り、犬と飼い主が楽しく暮らしていけてるなら、それでいいと思います。他人に迷惑かけすぎてなければ(=゚ω゚=;)

  8. まいこ@きな茶 より:

    けんじろうさん

    コメントありがとうございます。
    犬を飼い始めて1年半くらいですが、犬の世界っていろいろだな と思います。
    これからも、きな茶のニコニコ笑顔を絶やさないように、楽しく過ごしていこうと思いまする~。

  9. けんじろう より:

    毎日の日課です。
    犬の世界って、人間でも分からないことがあります。
    ブログを見て、夏バテも忘れますし笑顔になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。